本文へ移動

カンパイな日々

各国のクリスマス&お正月 ①

2021-12-14
カンパイには現在、ベトナム・タイ・カンボジアの3か国から従業員として一緒に働いているメンバーがいます。
もうすぐクリスマス&年末年始を迎えるにあたり、みんなの母国ではどのように過ごしているのかを聞いてみましたので、紹介したいと思います。
【ベトナムチーム代表 テトさんより】
ベトナムのお正月は旧暦のお正月です。ベトナム人にとって大事な行事です。お正月は家族や親せきと集まって、話をしたり食べたり飲んだりしながら新しい年を祝います。
お正月がくる前には家をきれいにして、桃の木の枝を飾ります。
あと、お正月のお供え物を買い出しして、バインチュンを作ります。バインチュンはもち米からつくって、青豆と豚肉を入れます。ラドンと呼ばれる葉で包まれています。包まれてから8~12時間煮込んでお正月の準備をします。
ベトナムのお正月の定番料理バインチュン
お正月の前、12月30日の夜は特別な番組を見て、日本のそばみたいなものを食べます。
それはベトナム語で”mien dong”と言い、「長く細く元気にいたい」という意味があります。
新しい年になったら「あけましておめでとうございます」とあいさつをします。
そしておせち料理を食べ、子供たちは大人からお年玉をもらいます。子供たちはお年玉をとても楽しみにしています。
次の日、2日に親せきとか友達のところに行って話をします。
3日にお寺にお参りに行っていいことがあるようにお祈りします。
おそばを食べることや子供たちにお年玉をあげる風習など、日本の私たちとも似通った文化があり親しみを感じますね。
ちなみに、ベトナムではクリスマスは特に何もしないそうです。
(とは言え、イルミネーションなどのデコレーションを楽しめるところもあるようです。)

次回はタイとカンボジアについてのインタビュー結果を紹介しますのでお楽しみに
株式会社カンパイ
〒221-0862
神奈川県横浜市神奈川区三枚町248番地6
TEL.045-548-8191
FAX.045-548-8192
1.給排水管更生工事
2.給排水衛生設備工事
3.太陽光発電売電事業
4.非破壊検査
5.防災事業
TOPへ戻る