本文へ移動

カンパイな日々

釣りに登山に、ボートにBBQ!
弊社では、レクリエイションもみんなで楽しんで参加しています。
そんな”カンパイの日々”の一部を、皆様にご紹介させていただきます。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2017年 BBQ

2017-11-12
去る11月12日に、有志数名でBBQに行ってきました!
前日までのうす雲がきれいになくなり、当日はとてもいいお天気!
紅葉も綺麗で、最高のBBQ日和でした。
 
今回の会場は川岸のキャンプ場。
イワナが食べたかったので、ここにしました。smiley
 
釣れた分を塩焼きにして、アツアツをいただきました。
やっぱりとれたては最高ですね!
 
 
(記:加藤 編:高嶋)
キャンプ場到着!
紅葉と青葉がきれいです♪
釣れたイワナを塩焼きに
最後は焼きそば!

ベトナム研修生卒業旅行 in 北海道

2018-01-19
外国人実習生第1期生の3年間研修が終わるので、卒業旅行を企画しました。
場所は、本人たちの希望でベトナム人に人気がある北海道に決定!
2泊3日のスケジュールでしたが、とてもよい卒業旅行になりました。
 

1日目
本人達のたっての希望で、スノーボードにチャレンジ。
スケボーにも乗ったことの無い2人だったので、初めはとんでもない転び方を繰り返していました。
しかし、徐々に出発前の特訓(スケボー)が成果を見せ始め、また持ち前の根性センスを発揮し、初めてとは思えない上達ぶり!!
すぐに滑れるようになり、初めてのウインタースポーツを堪能できました。
 
2日目
とりあえず小樽に行かないと始まらないでしょ!…ってことで小樽観光に行ってきました。
まずは観光協会に行き、1人1枚行きたいところのパンフレットを取り、行く場所を決めるという緩い進行。
こういうところも、旅の醍醐味ですよね。smiley
天狗山に登ったり、水族館に行ったり(ペンギンを見るのが初めてらしいです)、美味しいものを食べたり、路線バスに乗りまくったり(笑)……と、小樽を楽しみました。
 
3日目
札幌観光の予定でしたが、前日のテレビで札幌市内のジャンプ場で女子スキージャンプのワールドカップが開催されている事が分かり、急遽観戦をすることに決定。
もちろん見るのは全員初めてで、すごい迫力にびっくり!
日本人選手が世界で戦っている姿に感動し、大声援を送りました。研修生たちも、日の丸を振って日本人選手を応援してくれました。
 

 
旅行は良い思い出になりましたが、終わりを感じてしまって、なんだか寂しいです……。crying
 
 
 
……なーんて言ってもいられません!!
残り一週間、仕事も遊びも精一杯頑張って下さいねー!!wink
 
 
 
(記:桑原 編:高嶋)
さぁ、滑るぞ~!
天気がいいぞー!イェーイ♪
小樽の運河沿いを散歩
熱気に包まれる迫力の競技会場!
がんばれニッポン!
時計塔と

平成29年 忘年会

2017-12-28
当社の今年の忘年会は、なんと船上パーティ
港の美しい夜景を見ながら、2時間ほどのクルージングです。
 
座席は幹事の計らいで、誕生月ごとに割り振られ、普段顔を合わせないようなメンバーになったり、いつもと変わらないメンバーになったりしたので、開始前から大盛り上がり。
お酒が入ってからはみんな座席を行ったり来たりしながら、今年最後の親睦を深めました。
 
豪華景品をかけた、じゃんけんくじ引き大会も催され、上位を狙って上司部下、先輩後輩もない本気の真剣勝負が繰り広げられ、盛り上がりは最高潮に!
突発で追加された景品もあったため、ラストまで大騒ぎでしたwink
 
最後に、テラスに出て観覧車をバックに記念撮影。
今年最後の楽しい思い出ができましたね
 
 
(記・編:高嶋)
代表よりごあいさつ
じゃんけんくじ引き大会が始まります!
さぁ、豪華景品は誰の手に!?
見事勝ち抜いたのは工事部課長でした!おめでとうございます!
テラスで記念撮影☆

新年のごあいさつ

2018-01-05
 
明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます
 

紅葉の渓流下り

2017-11-19
去る11月19日。
有志数名で秩父へ渓流下りなどに行ってきたようです。
 
 
自然と触れ合うことは素晴らしいことだ――。
 
秋深まる紅葉の季節、渓流を船頭の操る木船で下り、ロープウェイで色づくを駆け上がり、夜にはライトアップされた紅葉に胸打たれる一日。
 
まるで心洗われるような気持になりました。
 
 
 
(記:黛 編:高嶋)
 
 
株式会社カンパイ
〒222-0035
神奈川県横浜市港北区鳥山町1030番地
TEL.045-548-8191
FAX.045-548-8192
1.給排水管更生工事
2.給排水衛生設備工事
3.排水管清掃
4.非破壊検査
5.防災事業
TOPへ戻る