各種水槽清掃

貯水槽清掃

容積が10㎥以上の貯水槽は『簡易専用水道』と呼ばれ、国によって徹底的な衛生管理が義務付けられています。
 
一方5㎥から10㎥以下の貯水槽は『小規模貯水槽水道』と呼ばれ、都道府県市区町村により細かく規定が違うため、それぞれの地域の定めに従って、点検・清掃を行う必要があります。
 
弊社ではこのような決まりに基づき、お客様に安心して水を使っていただけるよう心掛けて作業を実施いたします。

水槽周りの清掃

清掃前
清掃後
屋外に設置されている貯水槽は、左の写真のように雑草や蔓が周りに生えたり、外壁面が苔に覆われてしまうことがあります。
これでは衛生的とは言えませんので、雑草や苔を除去し、環境改善を図ります。

内部清掃

材料消毒
清掃前に、使用する道具などをすべて塩素消毒します。
槽内清掃
サンバルを用いて、ウォーターラインなどの汚れを落とします。
槽内清掃
高圧洗浄機等を用いて槽内をきれいに洗い流します。
消毒(2回)
次亜塩素酸ナトリウムで1回目の消毒をした後、30分放置してから2回目の消毒をします。
色度計
清掃終了後、給水されるところから一番遠い場所で採水を行い、検査を致します。
こちらは水の色を測定する『色度計』。
濁度計
こちらは水の濁りを測定する『濁度計』。
色度計と同じく、清掃終了後に検査致します。この他、臭気・味を検査致します。

清掃完了

清掃中、何か異常個所が見つかった場合には仮補修を行い、直ちに修理に移れるよう、管理者様にご連絡いたします。
 
 

安全対策・確認

排水槽は様々な有害物質が発生しやすいところです。
作業員の安全確保、そして万が一の事故を防ぐためにも、清掃作業に入る前には安全対策をしっかりと行います。
換気
槽内に溜まった有害ガスなどを吸い出し、換気を行います。
酸素濃度測定
換気後、十分な酸素があるかどうか計測します。
防護服
槽内の清掃には、防護服を着用して行います。

槽内清掃

槽内の壁面や床面に付着した汚れを、高圧洗浄機等を使用して剥離、吸引車で吸い上げ除去します。
高圧洗浄
汚泥吸引

清掃完了

清掃前
清掃後
清掃前
清掃後
清掃前後の排水槽内の様子です。
付着していた汚泥を除去し、壁面・床面が見えるようになりました。
株式会社カンパイ
〒222-0035
神奈川県横浜市港北区鳥山町1030番地
TEL.045-548-8191
FAX.045-548-8192
1.給排水管更生工事
2.給排水衛生設備工事
3.排水管清掃
4.非破壊検査
5.防災事業