FRPライニング 使用機材

使用機材

研磨機

洗浄後の竪管に挿入し、管内部にこびりついた錆瘤などを削り落とします。

含浸台

クロスに、ライニング材をしっかり馴染ませるための台です。
2つのローラーでクロスを押しつぶすようにして使用します。

反転機

圧縮した空気の力によって、クロス(ライナーホース)を反転しながら竪管内に貼り付けるための機器です。

温水器

反転終了後、この温水器によってクロスを内部から温め、硬化を促進します。

ライニング剤

Aが主剤、Bが硬化剤です。
AとBを3:1の割合で混ぜて使用します。

枝管用ライニング材

主剤と硬化剤2種類を使い、ライニング材を作ります。枝管のサイズに合わせて、少量ずつ出せるボトルタイプです。

クロス

防刃チョッキにも使われるほどの強度を持つ、タフネス素材のクロスです。ライニング材を含ませて反転機に巻き取り、空気圧で押し出しながら管内部に貼り付けます。